上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2014年度の利子収入総額



1月---------- 53,148円 (源泉徴収後) 合計 53,148円
2月---------- 51,007円 (源泉徴収後) 合計 104,155円
3月---------- 47,186円 (源泉徴収後) 合計 151,341円
4月---------- 60,640円 (源泉徴収後) 合計 211,981円
5月----------367,313円 (源泉徴収後) 合計 579,294円
6月---------- 94,177円 (源泉徴収後) 合計 673,471円
7月---------- 79,717円 (源泉徴収後) 合計 753,188円
8月---------- 90,486円 (源泉徴収後) 合計 843,604円
9月-----------85,390円(源泉徴収後) 合計928,994円



源泉徴収後、2014年9月までの利子収入は合計928,994円になりました。月平均103,221円の利子収入です。
来月は、大きい金額の利子収入が入ってくるので非常に楽しみです。


夢の500万円利子収入まで、投資をひたすら繰り返します。


スポンサーサイト
2014.09.08 Mon l 利息 l コメント (1) l top
今月も無事に、Maneoの分配金が支払われました。
源泉徴収後の、分配金は、¥68,183円でした。
分配金と同時に、投資元本も¥25,584戻ってきたので、¥5,603円の資金を追加して、10万円をManeoに再投資しました。
これからも、地道に投資資本を増やしていきます。


maneo201409




2014.09.08 Mon l ソーシャルレンディング l コメント (0) l top
相変わらず、Crowd Bankさんのシステムが最悪のため自分で分配金を計算しなければいけません。
本当に早く改善してくださいね!!!!Crowd Bankさん

分配金--------------21,614円
源泉徴収額-----------4,407円
源泉徴収後利益------ 17,207円

出資払戻金----------24,435円


Crowd Bankの9月の分配金は、源泉徴収後、17,207円でした。
先月のCrwod Bankの収入は、17,448円でしたのでほぼ横ばいです。

Crowd Bankは他のソーシャルレンディングと違い、利回りが確定しているのではなく、
案件募集時の利回りはあくまでも予想利回りで、この利回りは保証されていません。
従って分配金が支払われてから、その月の利回りがどのくらいだったのかわかります。

今回の自分が投資している案件の予想利回りに対しての実績利回りは以下の通りになりました。

不動産担保型ローンファンド第三号-------予想利回り 5.2%----実績利回り 3.62%
不動産担保型ローンファンド第六号-------予想利回り 5.8%----実績利回り 6.14%
不動産担保型ローンファンド第十三号-----予想利回り 5.4%----未確定
不動産担保型ローンファンド第二十一号---予想利回り 5.5%----未確定
中小企業支援型ローンファンド第六号-----予想利回り5.2%----実績利回り 5.2%
中小企業支援型ローンファンド第十四号---予想利回り7.0%----実績利回り 4.51%
中小企業支援型ローンファンド第二十八号--予想利回り7.0%---未確定
中小企業支援型ローンファンド第三十三号--予想利回り7.0%---未確定

既に分配金が支払われているものは、4件中、1件が予想利回りを超え、2件が予想利回り以下、そして
残りの1件が予想利回りと実績利回りが同じでした。
未確定についてはまだ分配金が支払われてないので、利回りが確定していません。

結果として満足いく結果ではないですね。もう少し様子をみますが、出資金が払い戻されたら
他への投資を考えています。




2014.09.04 Thu l ソーシャルレンディング l コメント (0) l top
Maneo

メリット
◯日本のソーシャルレンディングの老舗
◯沢山の案件が既に償還を迎えている
◯未だに企業向け投資ではデフォルト案件が一つもない。
◯個別の企業に投資するので利回りがデフォルトがない限り確定
例えば、5%で募集している案件なら、利回り5%が確定
(ただし、2014年9月からは分散投資になる予定)
◯最低投資額が1万円から

デメリット
◯知名度があがると共に各案件の利回りが低下
◯個別の企業に投資しているので、投資企業が破綻した場合、担保無しの案件は投資金が0になる


Crowd Bank

メリット
◯色々な企業に分散投資しているので、万が一、企業が返済できない場合も
投資金が0になることはない
◯期待利回りがManeoより高い
◯最低投資額が1万円から

デメリット
◯実績利回りが期待利回りより、かなり下回っつている
期待利回りが7%で募集したローンファンド14号の実績利回りは2014年7月の時点で1.94%でした。
その他多数の案件も、期待利回りより、実績利回りは下回っている
従って、自分の将来の利益をあらかじめ、計算できない
◯2013年12月からクラウドファンディングの投資事業を始めたので償還した案件がまだない(2014/08/15現在)
◯ホームページのシステムが最悪、自分の投資案件すら、リンクをたどらなければみれなく。
個別の案件の利子、投資期間、償還日すら表示されない。

Crowd Credit

メリット
◯個別の企業に投資するので利回りがデフォルトがない限り確定
◯利回りが良い 過去二回の案件では、10.9%と7.0%

デメリット
◯全ての投資が海外案件なので為替リスクがある
◯2014年7月からクラウドファンディングの投資事業を始めたので償還した案件がまだない
また配当実績もない(2014/08/15現在)
◯全ての投資が書面による契約で、書類の郵送のやりとりが不便
(将来的にはweb化するそうです)
◯最低投資額が50万円から


私なりの比較は以上のようになりました。
皆さんはどう思われますか?






2014.08.14 Thu l ソーシャルレンディング l コメント (0) l top
私は、現在、「Maneo」「Crowd Bank」「Crowd Credit」の三社に投資をしています。
現在2014/08/14日時点での三社への投資額は、下記の通りです。

Maneo--------------16,504,941円
Crowd Bank---------5,438,000円
Crowd Credit--------2,500,000円

合計      24,442,941円


現在、ソーシャルレンディングの投資額は約2440万円で、私のポートフォリオの中では、二番目に大きい投資額になっています。
なんとか源泉徴収後で5%の利率で運用できないかと日々考えています。
ずばり目標は、年に120万円の利息がソーシャルレンディングのみで、もらえれば
いいなと考えています。
2014年度、8月の時点で、ソーシャルレンディングの利息収入が、源泉徴収後516,904円です。
残り4か月では厳しそうです。





portfolio





2014.08.14 Thu l ソーシャルレンディング l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。